◆プリザーブドフラワーについて

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーとは?

プリザーブドフラワーは、1991年にフランスで発明されたもので、パリの富裕層たちの間で広まり、現在は日本でも長期間美しい状態が保てる花として、注目を集めています。

「プリザーブド」とは「保存する」と言う意味です。

加工方法は厳選された新鮮な生花を、人体に無害の特殊な溶液を使い、脱水・脱色しその後、着色・乾燥・保存という工程でつくられます。

プリザーブドフラワーの特徴?

プリザーブドフラワーは生花を原材料にし、特殊な溶液を使っていますので、生花と見間違うほどの、やわらかさ・しなやかさ・みずみずしさを持っています。

面倒な水やりの必要もなくまた、自然界には存在しない色彩を楽しむことができます。

そして、飾る場所によって違ってきますが、なんといってもその美しさが数年間保たれるということが大きな特徴と言えます。

まさに ~魔法の花~ というわけです。

プリザーブドフラワーの注意点

厳選された傷のない生花を特殊加工しているプリザーブドフラワーは、生花よりも高価です。美しさをより長く保つための注意点をご説明します。

  • 高温多湿に弱く、はなびらが透きとおったようになってしまうので、湿気の多いところ(水周りなど)には飾らないようにしましょう。水やりは厳禁です。
  • 切花と同じように、直射日光の当たらない涼しい場所に飾ると良いでしょう。直射日光やライトが長期間当たると、変色の原因となり、やわらかさも失われてしまいます。
  • 湿気や摩擦により、色移りがしやすくなるので、ブーケやコサージュなどは花の部分が直接衣類に触れないようにご注意ください。
  • プリザーブドフラワーは、アレンジやブーケを制作する際、ワイヤーを多用しておりますので、お子様の手の届くところにおく場合は十分ご注意ください。
  • 埃をかぶった場合は、ドライヤーの冷風を少しはなれたところから当て、ほこりを飛ばします。ケースに乾燥剤を一緒に入れ、上記の注意点に気をつければ、10年近く美しさを保つことも可能です。